TOPスポンサー広告 ≫ 「官能小説家は乙女にささやく」完結しましたTOP「官能小説家は乙女にささやく」 ≫ 「官能小説家は乙女にささやく」完結しました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

「官能小説家は乙女にささやく」完結しました

「官能小説家は乙女にささやく」全9話完結いたしました!
タイミング逃しまくって今さらかよというツッコミすら入らないだろうレベルですね、すみません……orz

アクセスはこちらへどうぞ~。
●Handyコミック http://handycomic.jp
QR.gif
スマホの方はこちら→http://sp.handycomic.jp/
☆Handyコミック様以外の各書店様でも取り扱い開始されてます。


担当さんによれば「渾身の濡れ場」だという第9話2ファイル目、お楽しみいただけましたでしょうか……!
ここが当初から定めていた着地点です。
プロットと一緒に「やっと結ばれた感出してください」って指示が飛んできて「任せとけ!」と思いました。
プロット読みながら泣いてシナリオ作りながらまた泣いただなんて(/ω\)…………

24_20130405183527.jpg


とはいえあれじゃないですか、
ぶっちゃけこれから二人のめくるめく濃厚いちゃラブが展開されるのかと思うと、
むしろここからが本番じゃないですか濡れ場的な意味で、とか思っちゃって、
要するに沙織たんと涼雅さんが全ページただひたすらいちゃいちゃにゃんにゃんしてるだけの
ピンクな後日談とか描きたいですって感じです。
(´ω`≡´ω`)うおぉぉ

ちなみに今のところ続編・単行本化の予定はありません。
が、私が個人的にらくがきして公開するのは問題ないということでしたので、
先日のツインテ絵みたいに時々は何かしら描いていきたいなーと思います。

また作品についてのご感想などございましたら是非是非お気軽にお寄せいただければと思います。
床をゴロゴロ転がりながら喜びます!

二人は今日もいちゃいちゃラブラブしてると思いますよ(*´∀`)デヘヘ…


以下、いろんな思い出話を追記に畳んであります。
無駄に長いですがw興味があれば読んでやってください~。

そして本日より配信開始しました新連載
「婚前ブラック契約~OLは若頭仕込み~」もどうぞよろしくお願いいたします…!






*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*



■全9話。
ご依頼をいただいた当初は全3話の予定でした。
それが確か1話ネームの段階でまさかの3倍に延びたんですね。それはもうビビりました。
何しろ漫画を描くのが三年ぶり?でしたし、経験も知名度もゼロですし、
いろんな意味で不安で、むしろ不安しかありませんでした。
でも3話しかなかったら岩田先生と真紘くんは出てこなかっただろうし、
沙織の精神的な変化を追うことも出来なかっただろうし、
涼雅さんはあんな丸くならずに終わったんでないかなと思うし(笑)
9話分のボリュームがあったからこそここまで作品とキャラに愛情を持つことができたんだろうなと思います。
途中いろいろありましたけど、ちゃんと完結させることができて本当に良かったです。
担当さんを始め作品に関わってくださった方の手厚いサポートとお心遣いのおかげです。ありがとうございました!


■サムネ用のカラー絵。
最初沙織と涼雅さんだけで背景なんにもない状態だったんですが(まじで)
せめて椅子描こう→いくらなんでも浮きすぎちゃんと背景描こう→なんか物足りないから百合描こう
とどんどん増えていって最終的にああなりました。
納品後原本のデータがROMの破損?で消失してしまって、
担当さんにデータを送り返していただいたという間抜けで悲しい思い出もありますorz
ちなみに結合前の線画では原稿用紙で隠してる下もちゃんと描いてましたw抜かりはありませんw


■沙織たん。
可愛い、共感できる、応援したくなる、というご感想が多くて心底ホッとしました。
私もすごく可愛い子だと思ってます。ほんと相当可愛いと思ってます。
いやもうぶっちゃけ可愛くて仕方ないっていうか……そりゃ涼雅さんもデレッデレになりますよね……。

初めはもっと大人しい子なのかと思っていたんですが、意外と感情豊かで表情もよく変わる子でした。
にぱっと笑ったりボロボロ泣いたり……泣き顔がこんな支持されるとは思わなかったですけど(笑)
描いててとっても楽しかったです。

特異体質の設定は私の方から提案させていただきました。
お風呂に入ってる最中「これどうよ!」とひらめいたんですが、まさかそのまま採用されるとは。
どうせならもっとエロいことさせたかったかな\(^ω^)/

名前は可愛さとしっかり者なイメージで選びました。
名字は編集者として作家を支えるって意味で「支」が入ったのが良いなって思って支倉になりました。

外見はすごくすんなり決まったんですけど、あのふわふわくるんな髪の毛は描くのが大変で、毎月泣かされましたw
おっぱいは大きいです!ふわふわです!ぽよぽよです!


■涼雅さん。
かっこいい!ってたくさん言ってもらえてほんっっっと嬉しいです。
私は絵的にもキャラクター的にも男性を描くのがとにかく苦手だったので、
連載開始当初「イケメン官能小説家」というアオリ文にビクビクしていたものです。いや本当に。

それにしても、まさかこんなデレデレになるとは思いませんでしたwただのSキャラだと思ってたのにw
でもそれが意地悪だけど意外と可愛いギャップ的な魅力になったのかもですね。
私もそんな涼雅さんが大好きです。もっとデレればいいよ!

ビジュアルは和服というのがまず先に決まっていて、私が眼鏡にしたいですと申し出て(笑)
キャララフを起こして複数の髪型案の中からアレになって、今の涼雅さんになりました。
ラフでは直毛でなく少しふんわりめの髪でしたね~。
着物って描くのが難しくていろんな資料を漁りつつ描いてたんですが、
おかげで和服男子の素晴らしさに気付けました……!!!

名前はどうしてもコレっていうものが浮かばなくて、
名前のデータベースみたいなサイトを片っ端から漁ってようやく見つけたのが「涼雅」でした。
一応Sキャラで金持ちって設定でしたから、クールっぽくてかつ優雅な名前をと……。
見つけた瞬間これだあぁぁ!!!って感じで即決しました。お気に入りです。
名字の由来も同じ感じ。

紹介文に「先生の甘い声に誘惑されちゃって~」とありますが、
どんな美声をしておいでなのかものすんごく気になります……。
きっと涼しげで艶のある麗しいお声なんだろうな……!


■一番思い出深いシーン。
それぞれの回でいろいろな思い出があるんですが、敢えて選ぶなら4話目です。
涼雅さんが沙織に名前で呼ぶよう言うシーンで「もう一度」って何回か繰り返し呼ばせてるんですが、
あそこで「ああこの人沙織が可愛くて仕方ないんだな」って思って、その瞬間萌えが爆発しました。
それまではほのぼのとした萌えだったのですが、こう、どうしたらいいのかわからない、
やり場のないほどの巨大な萌えっていうんでしょうか。そういうのに進化したきっかけのシーンでした。
だからなのか4話目のベッドシーンも担当さんに好評でしたねw
いちゃラブ万歳です!!!!



他にも話したい小ネタはたくさんあるんですが、
長すぎて収集つかなくなりそうなのでまた改めて記事にできればと思ってます。らくがきもつけて!


ではでは、こんなとこまで読んでくださってありがとうございました!
これからも「官能小説家は乙女にささやく」を好きでいていただけると、
そして「婚前ブラック契約~OLは若頭仕込み~」も同じくらい好きになっていただけると嬉しいです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。